FMラジオ帯用、 受信専用周波数コンバーター  FM補完放送FMラジオ帯対応

DFC-80R-F

90MHz〜100MHz⇒80MHz〜90MHz
DFC-80R-Fは、FM補完放送帯 90MHz〜100MHzを ⇒ 80MHz〜90MHzに変換する 受信専用周波数コンバーターです。
高性能デバイスを使用し、高性能、低雑音、低価格を実現しました。
アルミダイキャストケースで、高強度、高特性です 

FM補完放送FMラジオ帯は、( 90MHz〜)なのですが、日本のFMラジオ帯は(76Mhz-90Mhz)なので
従来の日本のFMラジオ受信機ではFM補完放送FMラジオ帯が受信できませんが、
DFC-80R-Fを、FMアンテナと、従来仕様のFMラジオ、FMチューナーの間に挿入接続し、
10MHzシフトさせ、90MHz-100MHzを、⇒80MHz-90MHzに周波数変換して、受信できるようになります
また、電源を切ると、ANTとRXがスルーになります(従来放送対応)

周波数変換すると、実際の受信周波数と表示周波数は異なります 
表示周波数は、下記のように、-10MHzになります  また、電源OFF時は表示周波数が受信周波数です
 
表示周波数 MHz 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
受信周波数 MHz 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

各部の名称

 DFC-80R-F 
周波数変換: 90MHz〜100MHz⇒80MHz〜90MHz
入出力端子: F-J型  75Ω
局部発振周波数:10MHz 
電源:DC9〜14V 90mA

サイズ:100W×70D×32H mm
重量:約230g

別売
 ACアダプター VSM-932 ¥1,500-(税抜)

付属電源コード

使用方法
本機と、アンテナ、ならびに、受信機の間を、75Ωの同軸ケーブルで、それぞれ接続します。
電源 DC 9〜14Vをつなぎ、スイッチをONで、LEDが点灯し コバーターが動作します。

受信周波数と、受信機の表示周波数は 10MHz差異があります
例えば、91.6MHzを受信する時は、81.6MHzにあわせます
また、表示周波数 80.5MHzは、90.5MHzを受信中です


電源OFF時は表示周波数が受信周波数です

使用上の注意
都市地区では、テレビ、ラジオ、携帯電話、業務無線、マイクロ回線など大電力の電波が空間にあふれています、このため目的以外の信号や放送が受信されることがあります(大電力の素通り、混変調、イメージ受信など)これは、本器の不良では、ありません 
又、80MHzと90MHZでキャリア信号が受信出来ますが異常ではありません
本器を使用中、アンテナのそばで大電力の送信をされると、異なるバンドであっても、過大入力で破壊することがあります、本器の使用中の送信はご注意下さい

有限会社 大進無線

URL http://www.ddd-daishin.co.jp/

410- 0022  沼津市大岡 2223-14 
 TEL 055-925-4961    FAX 055-925-4962