DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 
3D無線クラブ 3D RADIO CLUB

 21、無線機用リレー VOX の作り方 音が入ると、自動送信で中継します
受信機やデジタルボイスレコーダーなどのSP端子と、送信機のマイク端子の間につなぎます
音が入ると、自動送信で中継します

 
受信機やデジタルボイスレコーダーなどの、音量VRを程よく送信になるように調整します
送信変調が良好なところにMICゲインVRを調整します。
上記構成図は、無電源で動作します、ハンディー機にも便利に使えます
無線機によっては、無電源回路では、動作しないものもありますこの時は、下記リレー回路を追加します


DTMFや、TONE SQLなどを利用して
切り替えコントロールも出来そうですね
アイデア次第で色々なものに使えそうです

 

無線機マイク端子への接続は、間違いのないように配線作業して下さい。

重大な故障になることもあります。無線機の取説を参照して下さい。


DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る
                        Copyright(c) 2001 3D RADIO CLUB All rights reserved