DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 
3D無線クラブ 3D RADIO CLUB

22、AMラジオ帯、電波混入障害対策フィルターの作り方

手元にあるフェライトコア、DCFコアに、細い線を巻いて、作りました。
目的周波数が低く、巻数が多くなるので、細い線を用意します
1mの線を、バイファイラ30回巻きします(コア内通過数)

AMラジオ放送など0.5〜10MHZの電波 が、電話や、TVに混入するコモンモード障害に効果あります。
電話回線(アナログ、ISDN、ADSL など)や、 TV同軸ケーブル などに挿入して
回線、ケーブルから、混入する妨害波を抑制します

コアの巻き方
1mの線を
約半分の長さでコアに通し
片側を15回巻きます 反対側は1度巻き始めのほうに戻してから、15回巻きます、
計30回巻(コア内通過数)

MHZ

dB

30dB以上は、強力な効果が見込めます 


例、10/0.12mm赤黒平行線を30回巻き

0.5

31

1.5

44

3

40

5

36

10

31

21

25

ここで使用した、DCFコア(5977001コア×2 結束バンド×4セット)は、\1,000円(税別)で、
 大進無線で取り扱います。お問い合わせは info@ddd-daishin.co.jpへどうぞ
     DCFコアは、アミドンFT-114-77相当品です

ISDN、パソコンなどのモデム に電話回線を接続した時に、発生するノイズ電波障害にも、もちろん効果あります(モデム等の電話回線入口に挿入します)


DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る
                        Copyright(c) 2001 3D RADIO CLUB All rights reserved