DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 
3D無線クラブ 3D RADIO CLUB

25、100円FMラジオ用受信アンプの作り方

100円ショップで買ったFMラジオでは、地元のコミュニティFM局の受信がかなり困難なので内蔵出来る受信プリアンプを作りました。
プリント生基板(サイズ45×10mm)にチップ型のデュアルゲートGaAs MES FETを裏返しで、瞬間接着剤で接着しチップ型FETの端子の基板とのすきまに3mm角ほどの(薄い0.8mm以下の)プリント基板の小間を、瞬間接着剤で張り合わせてランドを作ります
アース、GNDは基板に直に半田付けします 

 

 Lの巻き方  



トロイダルコア T-25-10に
0.26UEW線15Cmを


10回巻ます
(コア内通過数)


約0.3mmのビニール線
を4回上巻します




プリアンプを取り付けた様子 
拡大↑

アンプをFMラジオに取付

FMラジオは、イヤホンのコードをアンテナにしています、イヤホン端子とFMラジオの入力の間にプリアンプを挿入します。右図のアンプIN,OUTの接続方法例のように、
@コンデンサー C18 30PFの片側を(基板裏から半田を取って)基板から抜き、30PFをプリアンプ出力からの同軸に接続します、
同軸の編線をジャンパー線 W1に半田付します

A抜いたところへ プリアンプ入力 INのコンデンサー 102を半田付します

これで入出力がつながりました。


あと電源をつなぎます

FMラジオの基板の裏の電池端子からきている赤色線のところが電源(+3V)です、ここに、プリアンプの電源を接続します。


元通りに基板を戻します。

目的局が良く聞こえるように20PFのトリマーを調整します。

イヤホンコードを出来るだけ真直ぐ伸ばすと受信感度が良くなります。
この100円FMラジオは、同調がかなり微妙で、合わせにくいようです
それでも、合わせれば、良好に受信出来ました

全く聞えなかった、地元のコミュニティFM局も
受信出来ました。



DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る

                        Copyright(c) 2001 3D RADIO CLUB All rights reserved