DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 
3D無線クラブ 3D RADIO CLUB

NO.63、VHF AIR BAND 108〜138MHz帯用、バンドパスフィルタの作り方

VHF エアーバンド受信用のバンドパスフィルタです、108MHZ〜138MHZを通過させ、108MHz以下および、138MHz以上の周波数を、減衰させる、バンドパスフィルタを作ります

広帯域受信機器のアンテナ入力端子などに挿入して、他バンドからの抑圧混変調障害の対策になります
簡単な構造ですが、かなりな効果が期待できます 

手持ちの部品で製作しました、75MHZ以下で-40dB以上、187MHZ以上で-40dB以上の減衰特性で、なかなかなものです
挿入損失は、108〜138MHzで、-3.5dB以内です、十分実用になりそうです

  バンドパスフィルタの作り方  

プリント生基板 約30×40mmに簡易に約5×35mmのプリント生基板を貼り付けて部品を直付けして作ります

@約5×30mmの小プリント生基板をヤスリやカッターなどで銅箔を、5分割カットします(または、約5×6mmのランドを5個用意します)、瞬間接着剤、や両面テープで約30×40mmのプリント生基板に構成図のように貼り付けます

AL の巻き方
***L1,  L3 の巻き方***
トロイダルコア T-25-12  0.26 UEW ポリウレタン銅線約20cmを17回巻きします(コア内通過数)L1,L2は同じ物です
***L2, の巻き方***
トロイダルコア T-25-12  0.26 UEW ポリウレタン銅線約5cmを2回巻きします(コア内通過数)

Bプリント基板に、構成図のように、コンデンサーと Aで作ったL1,L2,L3 コアをハンダ付けします
各配線は、出来るだけ、短く配線ハンダ付けします
 
C同軸もハンダ付けして固定し完成です
 
L2と並列なコンデンサーは、可変コンデンサーなどに置き換えて、特性最良に調整可能です


部品表

コンデンサー 3pF 2
コンデンサー 22pF 1
コンデンサー 47pF 1
トロイダルコア T-25-12 3
ポリウレタン銅線 0.26 UEW 約45cm
プリント基板 約30×40mm 1
プリント基板 約5×30mm 1

試作例



------------------------------------
金属ケースに組み込んだ製作例


上記 試作品 バンドパスフィルタの 高周波特性
周波数(MHz)

40

50 60 70 80 90 108 123 138 150 160 170 180 190 200 250 300 400 500
減衰量(-dB) 65.5 59.8 52.3 44.9 37.5 28.5 3.3 3.3 2.27 14.3 24.2 31 36.8 41.5 45 59 63 62 62

-------------------------------------
受信機に接続


****参考文献****
 LCフィルタの設計&製作  森 栄二 著  CQ出版社 


2008/02/28

DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る
                        Copyright(c) 2008 3D RADIO CLUB All rights reserved