DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 

3D無線クラブ 3D RADIO CLUB   
 86、小電力 50Ω 6W 高特性ダミーロード DC〜1.5GHz 6W MAX DL6Wの作り方 

HFから1.5GHz帯で使用できる小電力広帯域 DUMMYLOAD、50Ω 終端器 (簡易な基準器 )を作ります
1W 100Ωの角形チップ抵抗器13個を合成して終端抵抗器とします、 さらに電力測定回路を追加すれば、1mW〜6Wの電力計になります
1W 100Ωの角形チップ抵抗器を4個を重ねて(並列)25Ωの合成抵抗を2組、3個を並列で33.33Ωの合成抵抗にして約10dBのT型ATTを構成して、その後に1W 100Ωの角形チップ抵抗器を2個で50Ω終端抵抗にします
〜1.4GHzでVSWR 1.1 以内になりました、良好です

  
小電力 50Ω 6W 高特性ダミーロード DC〜1.5GHz 6W MAX DL6W  







VSWR 特性
周波数
MHz
〜1GHz

1.4GHz

1.6GHz 1.7GHz
VSWR 1.05
 以下
1.1 1.15 1.25
製 作 例
製 作 例 2
1.6mm厚の両面ガラエポ基板 約40mm×40mm をカッターなどで銅箔をはがした製作例
貫通穴は銅線などで両面はんだ付けします
   
DL6W  部     品    表
   角型チップ抵抗 RK73B3ATTE J 100Ω 1W × 13個
   1.6mm厚の両面ガラエポ基板 約40mm×40mm ×1
   3mm×25mmの小間ランド基板 ×1
   積層セラミックコンデンサー50V CH 1.5pF ×1
   同軸コネクタ N-R × 1

(注意)半田付けは、かなりな高温になります、ぬれ雑巾などを用意して、冷ましながら作業してください、やけどなどしないよう十分注意して下さい
50Ωダミーロード DL6Wの作り方
@1.6mm厚の両面ガラエポ基板 約40mm×40mm に
A1.6mm厚片面ガラエポ基板3mm×25mmの小間ランド基板を両面テープや瞬間接着剤などで貼り付けます


B100Ω1Wチップ抵抗4個を並列接続仮はんだ付け、2組作ります

100Ω1Wチップ抵抗2個を並列接続仮はんだ付け、2組作ります
C Bで作った合成抵抗を下図のように基板に、はんだ付けします
広域周波数補正用コンデンサー1.5pFも、はんだ付けします


DN-Rコネクタの端子を3mmほどにカット処理します

EN-RコネクタをDL6W構成図のように基板にはんだ付けして完成です

この”DL6W部品表”の組み立て部品セットは、
近日、(有)大進無線で取り扱予定です。

2016/01/05

DL6W  組み立て部品 セット 
 \1200円(税抜)消費税\96円
税込合計=\1296円
角型チップ抵抗 RK73B3ATTE J 100Ω 1W × 13個  
1.6mm厚の両面ガラエポ基板 約40mm×40mm ×1  
3mm×25mmの小間ランド基板 ×1  
 積層セラミックコンデンサー50V CH 1.5pF ×1  
 同軸コネクタ N-R × 1
 
角型チップ抵抗セット
\300円(税抜) 税込み金額=\324円
RK73B3ATTE J 100Ω 1W × 13個


DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る