デジタルRF電流計(高周波電流計)バージョン2 組立済み完成品

この、デジタルRF電流計は、CQ ham radio 誌 2003年 8月号 P32〜39 特集「アンテナの自作・調整のテクニック」”アンテナ調整やインターフェア対策のツール” **デジタルRF電流計の製作**に 掲載されたもので、おなじみの「定本トロイダルコア活用百科」の著者 山村英穂氏が設計紹介されたものです
アップデート記事が、HAM Journal誌 112 2004年 冬号 P105〜117に「ディジタルRF電流計−開発経緯とアップデート」が 掲載されました 
***2009年9月「特選ハムのアンテナ製作集」CQ出版社 に再収録されました

詳細は、
HAM Journal誌 112 2004年 冬号 ならびに、CQ ham radio 誌 2003年 8月号 または、2009年9月「特選ハムのアンテナ製作集」CQ出版 の記事をご覧下さい

CQ ham radio 誌 2003年 9月号のP78〜83には、デジタルRF電流計を使った電波障害対策 ”コモンモード電流を目で確認しながら退治する”を、「快適無線研究所」の筆者 JJ1VKL 原岡充氏が紹介しています

また、CQ ham radio 誌 2004年 10月号(P62〜65前編)、11月号(P77〜82後編)には、”デジタルRF電流計による コモン・モードRF電流の定点観測実験” JH1TXG 平原達也氏の記事もあります、是非ご覧下さい

こちらの 「ディジタルRF電流計バージョン2」組立済み完成品も販売することになりました お役に立てれば幸いです
JPG デジタルRF電流計バージョン2の特長

@クランプ部は分割コアをピンチで開閉式にし、測定する同軸やケーブルなどを(太い10D-2V以上でも)切らずに簡単にクランプして測定できます

A検出部は高性能ダイオードを使用し、高感度、直線性の良い特性で、ほぼ絶対値が測定出来ます

B表示部に、デジタル表示でオートレンジのデジタルマルチメーターを使用し、表示値の1/10が電流値で読みやすく、定量的測定が出来ます

測定周波数範囲

1.8〜54MHZ

測定電流範囲 10mA〜300mA
検出電流範囲 1mA以上

同軸やACコードをクランプしてデジタル・テスターで、コモンモード電流の定量的な測定が出来ます  (測定誤差±20%程)

  電波障害測定には障害の混入経路と思われる配線(同軸、電源コード、電話線など)をクランプして、CWまたはFM,AMで送信すれば、RF電流が検出できます、どれ位のRF電流で障害が発生するか、どこが、可能性が高いか判断予測が出来ます
コモンモードフィルターを挿入前と後で測定すれば、効果がわかります

実験対策のデーターを他の人と情報交換出来ると思います ぜひ、1台手元に置かれてください
JPG

J
マルチテスタは、直流電圧DCV測定にします

有限会社 大進無線
〒410-0022 静岡県沼津市大岡 2223-14 
TEL 055-925-4961    FAX 055-925-4962

URL http://www.ddd-daishin.co.jp/