DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 
3D無線クラブ 3D RADIO CLUB

NO.45  TVI対策用 90MHZ ハイパスフィルターの作り方

TVI 対策用のハイパスフィルター、90MHZ〜1000MHZ以上のTV周波数を、通過させ、30MHZ以下は減衰させる、HF短波帯対応のフィルターを作ります
最近では、TV受信にTVブースターが使用されることが多くなり、基本波による混変調障害があるようです
TVブースターの入力側に、このハイパスフィルターを挿入することにより、簡単な構造ですが、かなりな効果が期待できます 

手持ちの部品で製作しました、30MHZ以下では-70dB以上、50MHZでも-50dBなかなかなものです
挿入損失は、90MHZで-1dB、1000MHZで-2.4dBで十分実用になりますね

  ハイパスフィルターの作り方  

プリント生基板 約30×70mmに簡易に約5×35mmのプリント生基板を貼り付けて部品を直付けして作ります

@約5×35mmの小プリント生基板をヤスリやカッターなどで銅箔を、5分割カットします(または、約5×7mmのランドを5個用意します)、瞬間接着剤、や両面テープで約30×70mmのプリント生基板に構成図のように貼り付けます

Aトロイダルコア T-25-10 に 0.32 UEW ポリウレタン銅線約8cmを4回巻きします(コア内通過数)
同じ物を、3個作ります

Bプリント基板に、構成図のように、コンデンサーと Aで作った4回巻コアをハンダ付けします 
C同軸もハンダ付けして固定し完成です
 
屋外に設置する時は、適当なケースに収納して下さい(タッパーなどの密封容器ほか)


部品表

コンデンサー 15pF 2
コンデンサー 27pF 2
トロイダルコア T-25-10 3
ポリウレタン銅線 0.32 UEW 約30cm
プリント基板 約30×70mm 1
プリント基板 約5×35mm 1

製作例


この、90MHZ HPF 部品セット(上記部品表)は\800円(税抜)、で取扱います

大進無線のページへ⇒ E-電子工作のススメ 組立部品キット、部品セット 

2003/11/05


DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る
                        Copyright(c) 2003 3D RADIO CLUB All rights reserved