DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ
  3D無線クラブ      3D RADIO CLUB

NO.60 コモンモード・ チョーク、フロート・バラン KIT-DCF-RF-61LLK の作り方

KIT-DCF-RF-61LLK の作り方 1KW対応 無線機用 
|||||||||||||  コモンモード・ チョーク、フロート・バラン||||||||||  
1.8〜70MHZ  50Ω  耐入力 1KW 

HF帯無線機 ハイパワー1KW対応のコモンモード・フィルター(チョーク)(フロート・バラン)を作ります
大型61φコア2個に、同軸
3.5D-QEFVを巻いて作ります 

フェライトコアの巻き方により周波数特性が多少変えられるようなので、HFミッドバンドを中心に1.8〜50MHZのアマチュアバンドに使用できるように少し巻き方を、工夫して巻いてみました

無線機の出力端子や、防水処置をして、アンテナ給電点や、同軸中間点などに挿入してコモン電流を抑制するもので,障害の対策や予防に役立つと思います

簡単な構造ですが、特に アマチュア無線1.8〜50MHz帯 HFバンドの コモンモードインピーダンスが 3KΩ以上と、特性が良く 、強力な効果が期待できます


KIT-DCF-RF-61LLK の作り方
 

@大型の直径61mm内径36mm厚さ20mmのフェライトコアを2個横に並べてに 、3.5D-QEFV同軸ケーブル 2.3mをコアの巻き方の通り合計24回巻(コア内通過数)します、

A巻き込んだ同軸は、ほどけないように結束バンドで両端をとめておきます

B同軸の両端に、MPプラグを、ハンダ付けして完了です

C使用接続状況により MA-JJで中継接続します


完成構成図

入出力の方向性はありません 
コモンモード・フィルタは、金属物から数cm以上離して設置してください

KIT-DCF-RF-61LLK
周波数:1.8〜70MHZ インピーダンス:50Ω 
入出力端子:M-P型   + MA-JJ 付属
耐入力: 1KW
サイズ:約 78× 140× 35mm 
(同軸入出力部を除く)

  部 品 表  
フェライトコア E04RC613620--2個
同軸 3.5D-QEFV---2.3m
M型プラグ MP-3(Ni)---2個
M型中継ジャック MA-JJ --1個
結束バンド---3本



完成例

コアの巻き方
1  3.5DQEFV同軸線 2.3mを下記のように半分に折り返します

2 3.5DQEFV同軸を、約半分の長さでコアに通します

3 2個のコアを、同軸ケーブルでしばるように両方のコアに密着するように巻き込みます 2回巻(両コア内通過数)
4 片側のコアにさらに2回巻(コア内通過数)してから、同軸を下記のように反対側に引張ります
5そこから、さらに7回(コア内通過数)巻き込みます
⇒⇒⇒
10同軸の両端とコア同士を、結束バンドなどで留めておきます
9片側コアに、12回巻き(コア内通過数)
両側合計24回(コア内通過数)巻き
8 そこから、さらに7回(コア内通過数)巻き込みます)
7 もう片側コアにも反対側から同じように2回(コア内通過数)巻き込みます
同軸を下記のように反対側に引張ります

6 片側コアに、12回巻き(コア内通過数)

完 成 特 性 例


コモンモード・チョーク(フロート・バラン)については、下記に詳細解説があります、おすすめします
参考文献: 改定新版 定本トロイダル・コア活用百科  山村英穂著 CQ出版社


KIT-DCF-RF-61LLK部品表の自作部品セットは、\7,560円で大進無線で取り扱います
詳細は=こちら

フェライトコア E04RC613620も、大進無線で取り扱います こちらから

2007/03/16


DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る
                        Copyright(c) 2007 3D RADIO CLUB All rights reserved